ページの先頭になります。

ページ内を移動するためのリンクです。

ここからページ本文になります。

健康経営への取組みについて

東京きらぼしフィナンシャルグループならびに当社グループ会社(以下、「当社グループ」といいます。)は、当社グループの持続的な成長を実現するためには、職員の心身の健康への取組みが重要であるという考えのもと、「きらぼし健康経営宣言」を制定しています。
当社グループでは、「きらぼし健康経営宣言」に基づき、職員およびその家族の心身の健康保持・増進につながる施策を実施することにより、職員一人ひとりがいきいきと仕事に取組むことができる環境づくりに努め、全職員が能力を十分発揮することで、地域のお客さまにより付加価値の高いサービスを提供できる体制を整備してまいります。

きらぼし健康経営宣言

株式会社東京きらぼしフィナンシャルグループは、職員の心身両面の健康保持・増進を、当社グループの持続的な成長と地域への貢献につながる重要な経営課題と捉え、グループ会社の職員一人ひとりが心身ともに健康でいきいきと仕事に取組むことができる環境を整備すべく、グループ全体で健康経営を推進してまいります。
また、健康経営を通じて、お客さまから信頼され、お客さまの立場に立って考動できる人材「きらぼしびと」の育成に努め、地域経済、地域社会の発展に貢献してまいります。

健康経営に関する主な取組内容

健康づくり

  • 職員および家族の定期健康診断受診率100%達成へ向けた受診促進
  • 特定保健指導の実施率向上
  • 全ての職場を対象としたストレスチェックの実施と結果分析による職場環境改善
  • EAP(Employee Assistance Program:従業員支援プログラム)サービスの導入
  • 職場でのラジオ体操実施、階段利用の奨励による健康増進
  • 病気の早期発見・早期治療を目的とした、二次健診の勧奨および産業保健スタッフによる受診確認

職場環境の整備

  • 2018年10月1日に『働き方改革推進プロジェクトチーム』を設置し、『「きらぼし流」働き方改革』をスタート
  • 労働時間短縮に向けた取組強化
  • 受動喫煙対策のための職場内完全分煙および禁煙の推進
  • 保健師による定期的な職場巡回の実施

健康意識の向上

  • メンタルヘルスセミナーの実施

健康優良企業 銀の認定取得について

本認定制度は、企業全体で健康づくりに取組むことを宣言し、一定の成果を上げた企業が、申請により、健康保険組合連合会東京連合会の認定を受けることができる制度です。
当社子会社のきらぼし銀行では、以下の項目に取組むことを宣言し、認定基準を満たしました。

   (認定番号 健銀第940号)
  1. (1)健康づくりのための職場環境の整備
  2. (2)健診結果の活用
  3. (3)「食」への取組
  4. (4)「運動」への取組
  5. (5)「心の健康」への取組

健康経営優良法人2021(大規模法人部門)の認定について

健康経営優良法人2021

東京きらぼしフィナンシャルグループならびに当社子会社のきらぼし銀行は、経済産業省と日本健康会議が共同で選定する『健康経営優良法人2021(大規模法人部門)』に初認定されました。

本認定制度は、優良な健康経営に取組む法人を「従業員の健康管理を経営視点で考え、戦略的に取組んでいる法人」として、「見える化」することを目的に創設された制度です。

今後も、人事部門や健康保険組合が一体となって連携し、職員およびその家族の心身の健康保持・増進を図るべく、さまざまな活動や取組みを継続してまいります。